2011年11月30日水曜日

ブルーベリーの効果




ダリアは生まれてこのかた一度も、目を傷つけたことが
ないんですが、デイジーは月に一度といってもよいくらい
かなり頻繁に傷つけてます。

初めは、ダリアがデイジーにじゃれてる時とかに
誤って目を引っ掻いたりしているのでは、と思っていたのですが、
どうやらデイジー自身が目の辺りを掻いてる際に
傷つけているらしく、濡れ衣をずっと着せられていた
ダリアに申し訳なく思う今日この頃です。

なので目薬は常備薬として、2本は冷蔵庫にいつもある状態。

ですがあまりにもしょっちゅうその薬のお世話になっているために、
特効性が以前より下がってきているのではないかとも思う
今日この頃。

少しの間、カラーを着けて目を掻かせないようにしてたんですが、
お肌の弱いデイジーには酷だったようで、
しばらくすると顎の下が荒れてしまい、終了。

そこで数ヵ月前から、ブルーベリーを一日六粒ずつ
与えるようになりました。気休めかもしれませんが。

効果のほどはいかに、と、たまにデイジーの目をチェックしては、
目に見える効果のなさに、ちょっとがっかりしたりして。

それもそのはず。

今日、見ちゃったんです。

デイジーのうんちの中に、丸ごとバナナならぬ、
丸ごとブルーベリーが入っているのを。

あぁ。。。

効果はなくとも、せめて味わって欲しかったと思う
今日この頃なかあちゃんでした。

しかしもったいない。。。

Published with Blogger-droid v1.7.4

2011年11月19日土曜日

その後



その後のデイジーの折れた肋骨6本ですが、
今日レントゲンで確認したところ、
全然くっついてないどころか
むしろ折れた部分が前よりも交差して
よりひどく重なりあっておりました。

やれやれ。

デイジー自身はまったく痛がってはいませんし、
自由に動き回っているので
普段怪我のことを思っては落ち込む、といったことは
あまりありません。

事故の光景を思い出して苦しくなることも
前と比べたらほとんどなくなりました。

でも実際のところ、怪我自体はまだまだ
癒されてないんですねー。

そこで今日獣医さんから、一日二回マッサージをするよう
指導されました。

マッサージに関してはド素人もいいとこの母ちゃんが
骨がばっきばきな患部をマッサージするなんて。。。

でもやるしかないので、教えてもらったとおり
精一杯頑張りますよ。。。

次回の診察は三週間後。

どうか母ちゃんのマッサージで
少しでも改善されますように。

それにしてもですね、事故を起こした犬の飼い主は
夫婦揃って随分とふてぶてしくて蹴り飛ばしたくなりますね。

ほんともう、思い出すと腹が立って仕方がありません。

というわけで、チュートの犬が欲しいネタでも見て
気を静めることにします。

皆さんも、愛犬と良い週末をお過ごしくださいね。
Published with Blogger-droid v1.7.4

2011年11月10日木曜日

今日のダリア

なんかだーちゃん、かっこいいし。
Published with Blogger-droid v1.7.4

2011年11月5日土曜日

お久し振りです



最後の更新は確かパグの日記念の豆絞りだったので、
何ともうかれこれ三ヶ月も更新していなかったことに
なりますね。

ほんと無精にも程がありますよね、すみません。


その間何をしていたかというと、海好きなデイジーの為に
ライフジャケットをネット注文したり
(くそばか高い関税がかかるので、こちらじゃなく
日本の実家を送付先にしてますよもちろん!)
昨年参加したハロウィンコスチュームコンテストに
今年も挑むべく、衣装を考えたりしてました。


ところが、そのどちらも予定通りにいかなくなる事故が
起こってしまったんですよ。


実は一ヶ月ほど前、近所の散歩中に、ノーリードの犬に
デイジー&ダリアが襲われ、デイジーが左肋骨6本骨折、
2本ひびを負い、またそれが原因で肺に傷が付き
そこから空気が漏れ、皮膚の下が膨らむといった状態になってました。

幸いダリアはかすり傷程度で済んだのですが、
デイジーに至っては一時急患の先生に、
「死んじゃう確率も否めない」と言われたりして
もう母ちゃん魂抜けた状態になってました。

ですがその後、内臓出血や化膿等はないことがわかり、
いつもデイジーを診てくれている先生に笑顔で
「デイジーは死なないよ。」と言われ、
ようやく再びこの世に母ちゃん戻ってきました。


まだ折れた骨はつながっていない状態ですが、
食欲はあるので安心です。


それにしても人生、いつ何が起こるかわかりませんね。


ですが今回の事故で、自分がどんなに弱いか
つくづく思い知らされました。

いやいやほんと、ペットって飼い主にとって
家族と同じ存在なんですね。

失うかもしれないという状況に立たされると
夜も眠れないし、食事も喉を通らなくなります。

目を閉じるとあの事故の光景が浮かんできて、
苦しくてたまらなくなるんですよね。

今でも中型犬以上の犬を見ると、警戒してしまうし、
一人では怖くて散歩にも出られません。

でも当のデイジーは事故前と同じく、
今では元気いっぱいなので、それが何よりの救いです。


ハロウィンコスチュームコンテストには参加できなかったし、
ライフジャケットを着て泳ぐことも
まだ当分はできそうにありませんが、
別にそれってどうでもいいわ、生きてるんだから、
って今は思ってます。



長文にお付き合いくださりありがとうございました。

ではまたいつかの更新までお元気で!

Published with Blogger-droid v1.7.4