2010年11月30日火曜日

パグ飼いによくあること




パグ飼いさんにはよくあることかとは思いますが、
先日こんなことがありました。




母ちゃんの腕に付く粘着質なもの。





デイジー、なぜか目を合わせようとしません。


何か後ろめたいことでもあるのですか?


ばれてますよ。


まあ、パグを飼うからには避けられないことですね。




そこで今日のクエスチョン。

パグがあなたの腕に付けた目やにに、会社の同僚が気付いたようです。


ですが気を遣ってか、何も指摘してきません。

あなたならどうしますか?



さあみんなで考えよう。


↓↓↓さあみんなでポチしよう。
にほんブログ村 犬ブログ パグへにほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ チワワへにほんブログ村

2010年11月20日土曜日

フィリピンリゾートのお話





このブログのタイトルはまさにそれなんですが、

今日はパグチワとは無関係な内容でいいですか。。。?


テーマは、
【「 ボホール島 ホテル」の検索ワードでこのブログにヒットしてしまった方へ】


興味のない方はスルーしてくださいね。^^;




ご存知の方もおられるかと思いますが、ボホール島は、
フィリピン セブ本島の東に浮かぶ島で、

チョコレートヒルや世界最小のサル ターシャがいることで有名です。


フィリピンでも観光地としてすごくメジャーな場所なんですが、
私はまだ行ったことがなかったので、
先日父ちゃんに連れて行ってもらいました。(割り勘で。)




旅行計画で重要なことのひとつは、ホテル選びですよね。

特にリゾートの場合、ホテルで旅行そのものが決まるといっても
いいくらい。


それにわざわざ飛行機に乗って行くからには、外したくない。


だけどホテルのホームページや旅行会社からの紹介では、
本質がつかめない。

そこで利用者の生の声、っていうのが役立つんです! (激)

今回もそんなサイトやブログのコメントを吟味して

このホテルを選びました。


※今回の写真は携帯とデジカメのものなので写りがいつもよりさらに悪いです。。。



アナンヤナ ビーチリゾート Ananyana Beach Resort



ものすごくゴージャスとかリッチなリゾート、というわけではないんですが、

手入れが行き届いて、清潔、そしてセンスも良く、

また広すぎず狭すぎず、とても快適に過ごせました。

Text Color
ウェルカムフットスパ付きだったんですが、
すごく上手だったので
$40で90分のパック&アロママッサージも別で受けました。


ほとんど記憶にないほど気持ちよかったです。

終わってから、「あれ?ヘッドマッサージは。。。」と言ったら、
笑顔で「寝てましたよ!」って言われたくらい。へへ。




私たちは2人用の部屋(この他に4人用のファミリールームがあります)に
泊まったんですが、これまた清潔で気持ちよく過ごせました。

ビーチもさらっさらとまではいきませんが、ホワイトサンドで、
海草がちょっと多いものの、ダイビングスポットで有名な
バリカサグが近いだけあって透明度もありました。


もちろん何から何までやってくれるお姫様ダイブです。

(機材レンタル&ボート代などすべて込みで約USD35.)


しかもこちらのホテルは、かなりしっかりとした

バンカーボートを出してくれるので、 ダイビングをしない父ちゃんが
ずっとボートの上で待っていても
船酔いすることはありませんでした。
(波も穏やかです。)




バリカサグのブラックフォレストというポイントで潜りましたが、
水深15メートル程で大小さまざまなトロピカルチックな魚や
カメをたくさん見られました。



そして何といってもホテルで重要なのは食事だと思うんですが、
あーもうこれが最高だったんです。。。

立派なシェフをどこからか雇ってるとかいうんじゃなくて、
自分で料理本を読んで研究したという、現地の女性が
作ってるらしいんですが、
父ちゃんと「む。。おいしい。。。」と
うなりながら食べてました。


この海老のココナツスープ、最高です!!!


お昼メニューもおいしい。


朝食も満足です。




観光ツアーもあります。

二人でUSD125なのでフィリピンにしてはかなり高いんですが、
あらかじめバスツアーとか調べてこなかったので利用しました。

チョコレートヒルや、


ロボック川ランチクルーズ、

それから手乗りザル ターシャ。



夜行性のため、ちょっと怪しそうに眠そうに目を瞑りかけてるんですが
(しかも目やについてる)、ほんとは
おっきなくるくるお目目をした
メガネザルです。

「気持ちわるーい!」と言う人もいるみたいですけど、
多分パグ飼いさんのほとんどは、「可愛いっ!」と鼻息荒げに
言うんじゃないかと。。。


パグ、マナティ、に加わり、私のソウルペットに加わりました。



それから、これ、もう、実は、内緒にしておきたいくらい

素敵なアクティビティなんですが、もう言っちゃいますね。

ホテルからバリカサグ島に行く途中、左手に小さな無人島

ポントッド島があるんですが、そこで夕日を見ながらの

ロマンティックディナーができるんです。

フランスのモンサンミッシェルみたいに、引き潮の時は

島から長ーい道のような砂浜が見えるんですが、

それがもう美しいのなんのって。。。


こりゃもうハネムーンだわ。。。




メニューは、ドリンク、サラダ、メイン(現地でグリルしてくれます)、
デザート。

もちろん料理の写真も撮ったんですが、フラッシュのせいで
あまりおいしそうには見えないため載せませんが、
味は最高でしたよ!




打ち上げ花火付き。



この無人島、歩いて一周しても10分くらいの大きさなので、

父ちゃんと手なんてつないだりしながら、そして
今朝うんちが出ただの出ないだのという話をしながら

散歩をしたんですが、そんな話題につられて、
もよおしそうになってしまい
ちょっと焦りました。(トイレがない。。)



ただここは政府所有の島なので、誰でも利用可能なため
必ずいつもプライベートとは限らないようです。

またアナンヤナの隣に建設中の別のホテルが2件あったので、
今後利用者も多くなり、にぎわい始めるかもしれないですね。。。
(大切に利用してね。。。)



それからもうひとつ。

「リゾートはボラカイ!フライデーズ!」と思っていた私ですが

(リゾート経験少ない)、こちらのホテルスタッフはフライデーズのような
プロフェッショナルさに加えて、ものすごく親しみのある、
素朴で温かいサービスをしてくれました。


※掲載許可いただいてます。

写真のジミーさん(じゃなくてコロさん)、アローズさん、クリスティーナさん、

ギンギさん、フランコさん、ボボイさん。。。


プライバシーにはもちろん立ち入るようなことはしないんですが、
ほどよい距離感を保ちながら、すっごく気持ちのよい関係でした。




ここほんと、コストパフォーマンス高いです。

2泊3日 2名利用 空港からの送迎、朝夕食付きでUSD488。
(しかも食事は通常メニューから値段に関係なく注文できる!!!むんっ!!!)



ペソ対ドルで、ドルが弱かったため、ちょっと高くなってしまいましたが。。。

夕食が元々付いていたので、無人島ディナーはプラスUSD40でした。
(とうちゃんと私でさえも(?)これは払ってでも経験すべき、と
思える内容でした。
てか、安いよね?)

あえて言うなら、部屋のシャワーが熱いか冷たいかどちらかで、
コツをつかむまでちょっと苦労したんですが、
他の充実度に
満足してたので、神経質な私も全然不満に感じなかったです。

ボホールの他のホテルには泊まったことのない私が評価するのも
どうかと思うんですが、色んなサイトを見る限り、アナンヤナは
かなり穴場&利用価値の高いホテルだと思いました。

(予算に余裕があったら「Eskaya」なんてすごくいいと思いますが、
うちにはちょっと高すぎて。)


まだまだフィリピンで行きたいところがたくさんあるので
またボホールに戻るかどうかはわからないんですが、

戻ることがあったら間違いなくアナンヤナを利用すると思います。



どうでしょう。あまり参考にはならないかな。。。

そうそう、このホテル、飼い犬&猫がいます。
すごく穏やかで優しいこたちでした。





私たちが留守の間、デイジーとダリアは近所のおじさんが
庭に出してくれたり、えさを与えてくれたり、世話をしてくれました。





思いのほか長くなってしまいましたが、
これでボホール島ホテル報告終わります!


最後まで読んでくださってありがとうございました!

またお勧めリゾートがあったら紹介するかもです。^^では!

無人島ディナーいいかも?のクリックを~!
にほんブログ村 犬ブログ パグへにほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ チワワへにほんブログ村